天然水にはそれぞれ違った味がある

特に水の味についてうんちくを言えるほど味覚に優れているわけではないけれど、美味しい水かそうでない水かくらいのことは飲んですぐにわかります。

売っている天然水だからどれも美味しくて当たり前だと思うかもしれないけれど、メーカーや種類によって水の味がバラバラだと言って過言ではないと思います。

特に味覚に敏感じゃない私でさえも水の味の変化がわかるということは、味覚に優れている人だったらもっとはっきりと水の味の変化がわかるはずです。水なんて所詮何でも同じだと思っている人は、天然水と呼ばれている水を一度味わって飲んでみてください。

喉の渇きを潤すために喉を鳴らしてゴクゴクと飲んでいると、天然水の味やニオイ、口の中に含んだ時の感覚がわからないままですが、ちょっとだけ口の中に含めてから飲み込むようにすると天然水の味がよくわかると思います。

「天然水はこのメーカー」と決めている人も良くいるのですが、そういう人はほかの天然水よりもお気に入りの天然水の方がおいしいということがわかっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です