精製水の化粧水つくりかた

人間の体内の60%は水分と言われています。食べ物は3日食べなくても持つのに、水分は摂取しなければ死に至る可能性が高いそうです。

これからは特に乾燥しやすい季節でもありますから、水分はますます人間にとって身近で大事な栄養と言えます。

そしてその水分は、栄養の他にも美容にも役立ちます。例えば、薬局などで売っている精製水はそのままでも水道水のカルキなどを除去する、ふき取り化粧水としてもお使いいただけますが、普通の水よりも分子が細かいため肌に浸透しやすい性質を持っており、成分が肌になじみやすくなるのです。その性質を利用して、コストパフォーマンスの高い化粧水の作り方をお教えしたいと思います。

お手持ちの化粧水と、精製水、入れる容器を用意します。化粧水と、精製水の対比は個人の感覚にもよりますが、半分もしくは化粧水2精製水1ぐらいが良いでしょう。入れる容器に混ぜ合わせます。これだけ!あとはジャンジャン使いましょう。

精製水は開封してしまうと、鮮度が失われていくので、1週間から2週間辺りを目処に使いきってしまいましょう。逆に毎日お手入れされないかたには、この方法はオススメできません。ご注意下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です